トップページ > 会長・副会長挨拶

2015〜2016 会長 L.堤 順一

2015〜2016年度 会長テーマ:「人を大切にし 自分も大切にしたい」
2015〜2016年度 クラブ重点目標:「50周年をみんなで祝おう!!」  

 前会長L.井上貴加志はじめ役員の方々50周年の前年という大変難しい年でしたが、素晴しい会の運営大変ご苦労様でした。
 さて、私達「熊本第一ライオンズクラブ」も愈々今年結成50周年を迎えました。
 本年度私自身2度目の会長を拝命するに当たり、この50周年大会を成功に導くことが第一の使命であり、次にこの記念すべき年を結成100年に向けた第一歩と位置づけ51年目へ勢いをつけてバトンタッチすることが大事な役目だと思っています。
 50周年大会につきましては、現在、大会の準備は各委員会で着々と進んでいますが、今からが色々な打合せ等本番です。
 大会に際しましては、大会委員長としてL.山部英則にサポートをお願いし、実行委員長L.村中尊裕亀の元に6部会を設置し、総務・財務部長をL.吉村龍朗、副部長にL.野中建光、L.横田祥一。一番大変な式典・祝宴・記念例会部長にL.城本敬一郎、副部長L.岩間浩憲、L.川博、L.藤村育子。記録・記念誌部長にL.陣内冨男、副部長L.鬼塚雅洋、L.西克明。記念ACT部長にL.山下昌洋、副部長L.込山浩憲、L.松本国隆。記念ゴルフ部長にL.横瀬修一、副部長L.後藤一利、L.米満亮治。登録・接待・宿泊部長にL.甲斐憲明、副部長L.川博L.古谷陽一に夫々の部会をリードして頂きたいと考え任命致しました。
 ライオンズクラブ必携にありますよう「事業を成功に導く」ためには、お互いに尊敬しあい、譲り合い、助け合う事が大切です。
 このことを心に刻み、クラブ重点目標に掲げた「50周年を皆で祝おう」を会員全員の目標にして、私も精一杯頑張りますので全員で力を合わせ「さすがは熊本第一」と云われる様な大会にしたいと思います。
 さて、本題の50年目の今年は、50周年大会が終わりますと、先ほども触れました通り100周年への大事なスタートの年でありますので、まず原点復帰を考えそして未来を考える為に、本年度のクラブスローガンを「好奇心を持ち明日(あした)に挑戦」会長テーマを「人を大切にし自分も大切にしたい」とさせて頂き、これを実践する為テールツイスターを元ガバナーL.野村民夫にお願いし辣腕を奮って頂きたいと考えました。
更に幹事L.松本国隆、会計L.野中建光、ライオンテーマL.後藤一利の5役と第一副会長L.松本克己、第二副会長L.兜朗の陣容は今後へ向けても素晴しいスタッフだと自負しております。
 クラブ結成当時先輩ライオン達が掲げた「名前の通り熊本で一番、日本で一番のクラブになろう」との目標をクラブ全員で今一度見つめ直したいと思います。
 微力ながら粉骨砕身頑張りますのでご協力よろしくお願い申し上げます。  

2015〜2016 第一副会長 L.松本 克己

 この度、第一副会長の重責を拝命し、身が引き締まる思いです。
 節目の50周年を迎えての1年、歴史と伝統を感じながら更に、今期の会長テーマ、クラブスローガンを理解しL.堤の指導の下微力ながらお手伝い出来ればと思っております。
 更に、一年間無事に職務遂行全うするには、前年同様のご協力無しには出来ませんので今期も前期同様のお力添えを宜しくお願い致します。  

2015〜2016 第二副会長 L.兜崎 朗

 今期は、我が第一ライオンズクラブにとりまして、50周年という祝年の年その年に第2副会長の大役を頂けるとは、身が引き締まる思いです。入会させて頂きライオンズマンとして8年、まだまだ未熟であり更なる重圧と、不安を感じておりますが、堤会長、松本克己第1副会長、そしてクラブ会員の皆様の下で、先輩ライオンの方々が、築いて来られました伝統の重みを深く噛み締め初心に帰りまして、勉強、努力をさせて頂きたいと思っております。どうか皆様のご指導を宜しくお願い致します。
 最後になりますが、50周年行事が、大成功に終わります様、皆様と共に精一杯努力させて頂きます。  

ページトップへ