トップページ > 会長・副会長挨拶

2013〜2014 会長 L.山部 英則

2013〜2014 会長 写真

2013〜2014年度 会長テーマ:「あたりまえの事に日々、感謝!そしてWe Serve!」

 この度、2013〜2014年の第一ライオンズクラブ会長を拝命致しました。伝統と格式のある第一ライオンズクラブの会長に就任致しまして、改めて身が引き締まる思いです。 任命されたからには会長としての立場をわきまえ、任務をきっちりと全うし、我が第一ダイオンズクラブの将来のビジョンも描きつつ、益々の発展に貢献したいと思っております。 また、私のライオンとしての経験不足についても、有能な役員の皆様について頂いておりますので、全く心配しておりません。
今年度のクラブテーマは「温めよう 広げよう 奉仕の輪 心の和」とさせて頂きました。
まずは、我が第一ライオンズクラブの会員同士がスリープ会員を含めさらに友好を深め、和を大切にして、ライオンである前に人として、心と心が通じ合うような交流を目指していきます。 そして、姉妹クラブや友好クラブ、他のクラブとも同様な交流を図っていくのは勿論ですが、近年、疎遠になっております沖縄LC、別府LCとは、最低でも5役が今年中に例会訪問することによって、クラブ交流を再開していくことをお約束いたします。
次に、クラブ重点目標は「会員増強によるクラブの活性化」とさせて頂きました。
他のクラブでもクラブの活性化につきましては、同様の問題を抱えております。クラブ活性化を図るためには、前述しましたように現会員がさらに団結することは勿論ですが、まずは新会員に多数入会して頂くことが一番の特効薬であると思います。 この目標に関しましては私も精一杯努力致しますが、会員の皆様も是非とも最低一人以上の会員獲得をお願いしたいと思います。
特に我がクラブは、2年後には50周年記念事業が控えており、今年度には堤ライオンを委員長とした準備委員会が発足され、いよいよカウントダウンが始まります。この周年事業を成功させるためにも、近い将来より魅力ある新しいアクトを始めるためにも、さらなる活性化に取り組んでいかねばならないと考えておりますので、ご協力をよろしくお願い致します。
会長テーマとしては「あたりまえの事に日々、感謝!そしてWe Serve!」とさせて頂きました。感謝という言葉は、ここ最近私が一番大事にしている言葉ですが、日常において周りのヒトやモノ等あらゆる事に感謝することができれば、慢心や驕りが生じる事も無く常に謙虚な気持ちを保つことができ、いつまでも精進していくことができると考えています。 さらに、社会奉仕するからには自分自身が一杯一杯の状態では、真の奉仕はできません。健康であること、仕事があって収入があること等々、日々、あたり前のことに感謝することによって、おのずと心にも余裕が生じ、真の社会奉仕ができるものと思っています。
 結びと致しまして、歴代会長ならびに直前の野中前会長が築いてこられた素晴らしい伝統を引き継ぎ、これからの一年間新しい風も入れながら、次期会長が予定されているL.井上、さらには50周年会長予定のL.堤まで良い形でタスキが渡っていくことを常に念頭において、精一杯努力して参りますので、皆様方のご支援ならびにご協力を賜りますようお願い申し上げて、会長就任のご挨拶とさせて頂きます。

2013〜2014 第一副会長 L.井上 貴加志

今年度、山部会長のもと、第一副会長の役を務めさせていただきます。
 私は色々な意味で正直言って力不足ですが、皆様に勉強の機会を与えて頂いたとの感謝の想いを強く持って、一年間頑張りたいと思います。
 ライオンズクラブの本質は全員それぞれがクラブを楽しむことにあると思います。
 山部会長のクラブ運営のもと、私も一年間楽しみたいと思います。
 皆様、何卒よろしくお願いいたします。

2013〜2014 第二副会長 L.堤 順一

熊本第一ライオンズ入会以来、会長、幹事、会計、L.T、T.T、理事、第一、第二、第三副会長及び地区役員として就任してきました。
 長くもあり短くもありましたが、その点は会社経営と似ているところですが、違うのはライオンズクラブはボランティア活動と云う事です。
 少しでも社会の為になる様にとの思いで活動し、その結果心の豊かさを実感出来た事は自分の財産になっています。また、お金で買えない人脈と云う財産も得、沢山の友人を持つ事が出来た事にも感謝しています。 今回二度目の第二副会長ですが、2年後の熊本第一ライオンズクラブ50周年へ向けての事と感じています。会員力を合わせ全員参加で50周年を祝える様ご協力の程心よりお願い致します。 その為には本年度会長L.山部クルーを全力で支援したいと思っています。

ページトップへ