2018~2019 会長 L.松本 国隆

53代目会長を拝命致しました。

松本国隆です。よろしくお願いします。

 昨年度、L兜崎会長からの繋ぐのテーマにより、伝統を引き継ぎ、そして新たな時代を迎える事になります。

●クラブスローガンは[ONE PIECE]

●会長テーマは、[Pay it forward]

●クラブ重点目標は[IT を生かした新たなる挑戦]

ひとつなぎとなる我がクラブは奉仕活動を通し、良い人間関係を作ることができれば、これ以上の喜びはありません。

相互理解の精神のもとに、ひとつなぎのクラブとなれる事を心より祈念しています。

 ライオンズクラブは、100年の節目の年を終え、国際本部より、「LCIフォアード」を掲げ、奉仕の強化の必要性を掲げてあります。

特に重点項目として「小児癌」「飢餓」「環境」「視力」の奉仕活動強化を挙げてあり、当クラブとしては特に「小児癌」に対し「第一副会長」「第二副会長」と共に「会長チーム」を結成。三年以上の長期アクトとして積極的な奉仕活動を推し進めていきたいと思っています。

 LCIフォアードを基軸にクラブ全体が一つとなり、このプログラムを成功できるようクラブ活性化に取り組みたいと思っています。

その為にもGATチームは必須であり、組織図の大幅な編成を行いました。「GST」「GMT」「GLT」、「FWT」率いるグローバルアクションチームの組織化です。

今までと、違い分かりにくい組織図となっているかも知れません。

クラブにこの新しいチーム編成に皆様が一刻も早く馴染んで頂くために、バッチ名札の作成を試みると同時に、修正が必要な場合は「会長チーム」にて協議する事で最善のチーム作成を行い次世代へと繋いで行きたいと思います。

 ITに関しましては、ここ数年急速に発展し、以前は手紙でのやり取りが主流であったのに対し、殆どがデジタル通信へと変化しています。「ライオン紙」も出版が毎月だったものが二か月に一度の発行となり、デジタル版が復旧しつつあります。

この時代の変化を敏感に受け入れ世界のライオンズクラブに後れを取らない様に、「ITを生かした新たなる挑戦」を行いたいと思っています。

 また、当クラブの50年の伝統を壊さないために、14名の元会長にて結成されたクラブアドバイザーの適切な指示を仰ぎながら、一年間のクラブ会長としての責務を果たすことが出来ればと考えています。

一年間どうぞよろしくお願いします。

2018~2019 第一副会長 L.古閑 伊知郎

ライオンズクラブ創設101年目、NEXT CEXTURY の一年目です。

 この素晴らしいタイミングで第一副会長を拝命した古閑伊知郎です。今年の会長L.松本と第二副会長のL.横田、5役の皆様、それぞれの委員会の委員長ともども、あたらしい組織のスタートの年をクラブの皆様とも力を合わせて、精一杯頑張りたいと思います。

 クラブスローガン・会長テーマ・クラブ重点目標のもと、53期目、熊本第一ライオンズクラブの良い一年となりますよう、クラブの運営に精一杯努力いたします。

 皆様のご理解、ご指導、ご鞭撻のほど、心よりお願いいたします。

2018~2019 第二副会長 L.横田 祥一

今期、第二副会長を拝命することになりました。正直なところ、分不相応な役割を果たして行けるかどうか危惧しているとことです。しかし、ご推薦ご指名を受けたからには、熊本第一ライオンズクラブのために尽力したく存じます。

 クラブ入会11年目ですが、会計財務分野しか経験がありませんので、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。